訪問看護ステーション買収にあたり、譲受した訪問看護ステーションはサテライトとして経営できるのかとご質問を頂いたケースがございます。
結論として、事業譲渡で譲受する事で可能となります。
株式譲渡で譲受した場合には、いわゆる社長交代となりますのでそのままの状況を引き継ぐという事となります。
ですので、株式譲渡で引き継いだタイミングでサテライトとして譲受する事は出来ません。
事業譲渡の場合には、一度廃止をして新規開設の手続きを行います。
新規開設の手続きの際に、サテライト設立の手続きをすれば良いということです。
実際の上記のようなケースで事業拡大をしているケースも多くございます。

売手側からの視点でお話をすると、上記のような買手は戦略が立てられるため
看護師人員基準が割り込んでいようとも売却出来る可能性は秘めているという事です。
廃業・廃止・休止などしか手が無いと考えるかもしれませんが、
小規模の訪問看護ステーションでも譲渡出来るという事を一つぜひ覚えて頂きたいと思います。

またM&Aの手続きなどがわからないので、面倒と思うかもしれませんが
それは廃業・廃止なども同じですよね。
わからない部分はもちろんこちらが全面サポートいたしますのでご安心ください。