訪問看護ステーションのキーマンである、管理者さんのお話です。

訪問看護管理者への権限

訪問看護ステーションのキーマンである管理者の採用はとても難しくあります。新規で設立する際には採用や運営が不安だと思いますが、別の訪問看護ステーションで管理者をされてきた方が採用できた暁には大満足と安心感はすごいと思います。実際に運営が始まると、事業責任者もわからない事ばかりで「私に任せてください。」という管理者も多く非常にありがたいのではないでしょうか。訪問看護事業全体の事も把握していたり、前職での回答も持っているので一通り運営することは可能でしょう。しかしそれに頼り切って大変な事態になったステーションをこれまでも多くみてきました。

訪問看護管理者の退職

そもそも看護師は離職率の高い職種です。求人倍率は高いので、他で幾らでも探せるという背景もあるでしょう。権限を与えていると「VS会社」のような構図になる場合もあり、訪問看護事業中心で会社は考えろといわんばかりの方もおったようです。今までには他にはこんな事例もございました「返戻など何も対応していなかった。」「自費分の回収をしていなかった」などそれ以外にも多くの事はございますが、任せすぎて全く把握していない状況で急な退職を希望されて事業が回らずに売却となるケースです。頼りたい気持ちはわかりますが、しっかりと把握して自身も学び続けなければなりません。

まとめ

訪問看護管理者はキーマンです。権限を与えて任せきるのではなく、共働してやっていくことをオススメ致します。

お問合せ先について

【お問合せ】こちらをクリック   【お電話でのお問い合わせ】MTPC酒詰(サカヅメ) 090-4724-9104