訪問看護の設立をお考えであれば。。。【MTPC】

先日はある介護系事業所の経営者の方より訪問看護ステーションM&Aの件で
ご相談を頂きました。

会社として成長の機会で、
訪問看護事業に参入しようと考えているというご相談でございました。
元々は訪問看護を設立して参入しようとお考えだったようですが、
ひょんなことからM&Aでの参入方法がある事を知り私に連絡を頂きました。

設立、M&Aどちらもメリットもデメリットもありますので
そこはどう決断するかは経営者次第です。

訪問看護は労働集約型ですので、
自分だけではどうしようもないビジネス形態です。
設立にあたり採用に苦労しないのであれば、
自分色の訪問看護ステーションを設立出来るというメリットがございます。
M&Aではある程度今までの運営の色が出てくるので、
そこは一定部分は売却元の色を反映しつつ年月をかけて変えていく必要があります。

ただしM&Aでの参入は「時間を買う事」が出来る大きなメリットがあります。
採用に掛かる時間とコスト、
利用者さんを獲得するのにかかる時間とコスト
ここは設立ではどうにも通らなければならない道を大幅に短縮できるのです。

先に述べた通り、どちら良いかは経営者のお考え次第ですが
M&Aでの参入も悪くはないのではないでしょうか。

*********************
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
*********************
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
***********************