隣の訪問看護ステーションや介護事業所にM&A譲渡する方がメリットがある?

先日はある訪問看護ステーションを複数展開している経営者の方をお会いしておりました。


「この度はありがとうございます。」

A社様
「先日お電話でお話させて頂きましたが、訪問看護ステーションの買収での拡大を検討しております。」


「ありがとうございます。御社は既に複数の事業所をお持ちですが、今までもM&Aもご経験はございますでしょうか。」

A社様
「お気づきですね。実は何店舗かは買収しております。しかしながらM&Aというよりは、知人の経営者が困っており相談が来て買収したという流れです。」


「そうなんですね。ということは、私共の様なアドバイザーは利用した事はないという事ですか。」

A社様
「えー、始めてとなります。ただM&A自体は経験もありますので、流れなどは存じ上げております。」


「承知致しました。今までも譲渡先はアドバイザーもついていなかったという事ですね。」

A社様
「はい。すべてお互い自分たちで行ってきました。やはり色々デメリットもあり、今後はアドバイザーの方にお願いしようと考えております。」


「どのようなデメリットですか?」

A社様
「やはりお金の事をお話するので、なんとなく話がスムーズではないですよね。結局、譲渡側様もなんだかんだ高く売りたいという事もありますので。」


「確かにそうですね。そこはアドバイザーがいるメリットだと思います。」

A社様
「しかしながら譲渡(売却)先の方は手数料がかかり身入りの金が減るからとアドバイザーには依頼しなかたようですよ。」


「お気持ち的にはわからなくもないですね。しかしながら御社には失礼かと存じますが、買収候補先を複数出せる事は大きなメリットで結局高値がつけば私共に手数料を支払ったとしても得すると考えられますけどね。」

A社様
「全く私も同感です、笑。ウチとしてはありがたいですが、小さなお金に目がいき結局弊社にはかなり安価で譲って頂きましたからね。」

===
tou
事務所含め、アドバイザーに依頼すると手数料が発生致します。
それも含めて譲渡額を検討する必要がありますが、買収候補先が多く出る事はメリットであると考えます。

*********************
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
*********************
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
***********************