訪問看護ステーションのM&Aのデメリットもよく考えたほうが良いとは思います!

M&Aでは時間が買えるので、
「採用の手間もない」
「利用者もいる」
「ケアマネや病院との関係性もある」
「情報もある」と
メリットはたくさんありますが、
デメリットもしっかりと考えたほうが良いと思います。

①採用した看護師は譲渡会社が採用した看護師です。
もちろん看護師も引き継ぐのですが、
ご自身で選んだ看護師ではないので毛色が違うと感じる事もありますが
それを受け入れる覚悟はあるか。

②株式譲渡時のデメリット
簿外債務を引き継ぐ可能性がございます。
簿外債務とは帳簿に出ていない、債務です。
一番わかりやすいのが未払い残業代です。
前経営者は悪気なく残業代を支払っていなかったとします。
買収後、職員が会社に対して残業代の未払いを訴えれば
前経営者は関係なく買収した経営者(会社)が払わなければなりません。

売却案件自体が非常に少ない業界ですので、
どうしても案件がくると舞い上がってしまいます。
このようなデメリットもございますので、
よくご検討の上ご判断頂きたく存じます。

ーーーーーーーーーー
お問合せフォーム
ーーーーーーーーーー
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
ーーーーーーーーーー
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
ーーーーーーーーーー
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
ーーーーーーーーーー