訪問看護ステーションの管理者不在でも譲渡・継承(M&A)出来るのか?


 

以前にこのようなご相談を頂きました。
「訪問看護ステーションの管理者不在でも譲渡・継承出来るのか?」という記事です。
 

訪問看護ステーションの管理者不在になる背景
 

多くの訪問看護ステーションでは、管理者に悩まされているのではないでしょうか。
まず看護師の多くは、管理者になりたいとは思っておりません。
看護師としてのプライドもあり、管理者より現場で仕事をしたい方も多く
管理者(管理職)としての大変さというのもよくわかっている看護師が多いからです。
また看護管理者もご自身がいないと訪問看護ステーションの運営が厳しくなる事を理解してくる看護師もおります。
その場合に、経営者と折り合いがつかなくなるケースや
元々好き勝手にやる看護管理者もいるのも事実です。
 

買収したいと考える企業様
 

現在、訪問看護ステーションを運営しており事業拡大の為にM&Aを検討している事業所様の場合にはサテライトとしての買収も可能性はございます。
ですので、管理者不在の訪問看護ステーションでも看護スタッフがいれば問題なく検討出来る買収案件となるでしょう。
また管理者不在で看護スタッフが2~3名となると、小規模ですので個人オーナー様でもての届く予算となりますので買手候補が多くなる可能性がある事もプラスとして働きます。
 

まとめ
 

訪問看護ステーションM&Aでは、管理者不在の場合でも譲渡案件の対象となります。
通常は管理者不在となるのであれば、廃業・廃止をしなければいけないので良い選択に成り得るでしょう。

ーーーーーーーーーー
お問合せフォーム
ーーーーーーーーーー
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
ーーーーーーーーーー
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
ーーーーーーーーーー
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
ーーーーーーーーーー