訪問看護ステーションの株式譲渡について【MTPC】

先日はある訪問看護ステーションのM&Aの件で打合せをさせて頂いておりました。
こちらもリスクについてお話をさせて頂いております。
特に買収希望の方は、買収後のリスクは極力避けたいと思うものですよね。
とはいえ、全部のリスクを排除するのは難しいですし
最大限のリスクを理解した上でM&Aに取り組む事かと思います。
そして買収後の責任ポジションについても確認しておくと良いでしょう。

M&Aの譲渡スキームは幾つかございますが、
大きく二つ「株式譲渡」と「事業譲渡」となります。

譲渡(売却)案件については、譲渡希望の事業者様のご希望により
株式譲渡か事業譲渡かを選択されます。
もちろん買収の途中で相談する事も可能です。
株式譲渡を選択した際に、注意しなければならないことは
会社を引き継ぎますので良いこともございますが悪いこともございます。

一番大きな要因は、残業代の未払いです。
買収後について問題化した場合には「会社」が責任を取らなければなりません。
そのリスクはDD(デューデリジェンス)で、出来る範囲のリスク軽減はできますが
全てではございませんのでご承知くださいませ。

*********************
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
*********************
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
***********************