訪問看護ステーションのM&Aについて

業界唯一の訪問看護専門

MTPCは、訪問看護に特化した専門のM&Aサービスを実施しております。
他業界のM&Aとはどこが違うのでしょうか。

中小企業でも盛んにM&Aは行われている

M&Aは、現在多くの方々に認知されてきましたが、
まだまだ中小企業ではご自身の会社では無関係とお考えの経営者様は多くおります。
しかし現在は中小企業のサイズでも、売買は実際には行われております。
医療業界、介護業界でも経営難等の理由でM&Aが活発になってきました。
まだまだ世間のM&Aのイメージは決してよくはありません。
多くの方が「敵対的買収」をイメージされており、
買収側が譲渡側(売却側)を支配下におくようなイメージが定着しておりますが、
決してそんな事はございません。

訪問看護はM&Aのメリットが大きい

「M&A」の言葉自体が良くない事に使われておりますが、
従業員の雇用継続や利用者の継続看護などメリットも非常に大きくあります。。
ここ数年は多くの企業がM&Aを経営方針と捉えるようになり、
また大手企業同志でのM&Aも行われるようになり活発化されると共にそのイメージも良くなりつつあります。

特に中小企業のM&Aは、
細かな要素もあり無理矢理に買収するという事が得策ではないと考えられ
友好的なM&Aが行われます。
訪問看護ステーションでは、中小のステーションも多いので友好的なM&Aになることでしょう。
訪問看護ステーションの事業所の拡大は、
まだ始まったばかりであり今後も伸びていくと予想されております。