訪問看護ステーションを起業する看護師さんも多くおります。

自分たちのやりたいように看護が出来るというのは非常に魅力的に映ると思います。
しかしながら経営的側面があるのは忘れてはいけません。
多くの看護師とお会いさせて頂きましたが、
その中で経営的側面をお話させて頂く事に抵抗を感じる看護師も少なくありませんでした。
さらに「売上」は自分には関係ないと考える看護師も多く、
たとえば「訪問」のインセンテイブに関しても抵抗がある看護師もおりました。

良い看護をするというのは、大前提かもしれません。
しかしながら「会社も血液が流れていなければ」会社は倒れてしまいます。
看護師で起業されて、やはり経営の部分がよくわからないなどあれば
是非ご相談くださいませ。

また今後訪問看護ステーションで起業を考えている看護師の方がいれば、
M&Aも選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

黒字で運営している訪問看護ステーションもありますし、赤字の所もあります。
黒字の訪問看護ステーションは、そのまま運営しても問題ないのかもしれません。
赤字の訪問看護ステーションは、何かが原因で赤字になっております。
その原因(基本的にはM&Aの場合には、その原因はわかるよう売却希望先にお伝え致します。)がわかり、
その部分がクリアに出来るのであれば起業するにあたっても非常に有利だと考えます。

「起業準備期間」や「起業後も介護報酬の支払い期間」は、基本的には収入がなくなります。
(介護報酬の1割〜2割と自費分)のみとなります。
M&Aであれば、負債も引き継ぐ場合もございますが
会社も動いておりますので収入もございます。

「0」で数か月運転するよりは、精神的にも楽ではないでしょうか。

===
訪問看護M&A支援サービス
MTPC:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
TEL:090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP:http://mtpc.homepagine.com/
===