先日はある訪問看護ステーションM&Aでの買収相談について訪問させて頂きました。
東京都で既に訪問看護ステーションを運営しており、拡大をご検討との事でご紹介頂きました。
今までは訪問看護ステーションを新規で設立をしていたのですが、
M&Aも含めて拡大を検討したいとのお話でしたか
「M&Aにはリスクしかない」とのご意見を頂きました。

・従業員が辞めるかもしれない
・管理者がどういう人かわからない
・売手の会社がちゃんと運営してきた保証がばい

などのお話を頂きました。確かに全て仰る通りです。

従業員の方には職業選択の自由があり、拘束する事は出来ません。
但し、ケースとしては面談をしてからご判断頂くという事もございます。
同様に管理者についてもわかりません。
売手の会社様もちゃんと運営してきたか保証は出来ませんが、
書類等の回収は出来ますし、デューデリジェンスをする事で回避できる可能性を高めます。
それでも結論として、こちらの訪問看護ステーション様はM&Aでの拡大を辞める事といたしました。

M&Aにはリスクは確かに御座いますが、新規設立もリスクはあるのではないでしょうか。
・マーケットがわからない
・従業員の背景がわからない
など同様に新規設立のリスクももちろん存在致します。

M&Aのメリットは時間を買うという事や現在運営している状況ですので、
そのまま事業が運営出来るという事、情報が多い状況から始められる、ご利用者様もいる状況から始められるという事です。

ーーーーーーーーーー
お問合せフォーム
ーーーーーーーーーー
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
ーーーーーーーーーー
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
ーーーーーーーーーー
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
ーーーーーーーーーー