訪問看護ステーションの事業譲渡(M&A)は可能ですか?【MTPC】

訪問看護ステーションM&Aでは、譲渡方法では大きく二つございます。
一つは会社譲渡(株式譲渡)と二つ目は事業譲渡です。
M&Aでは他にも「株式交換」「第三者割当増資」「業務提携」などいろいろなスキームがございますが、
中小企業が運営しているケースや中小規模の訪問看護ステーションが殆どですので
この様なスキームは必要なく会社譲渡か事業譲渡となります。

今回は事業譲渡について書かせて頂きます。
結論から申しますと事業譲渡は可能です。
ただし買収希望の企業様によっては、株式譲渡しか受け入れない企業様もございます。
それは契約の巻き直しが必要であるため、事業譲渡のタイミングで職員が退職する可能性がある事
さらには利用者さんにご迷惑がかからないかという点です。

事業譲渡でのメリットは、会社の負債を引き継ぐことなく譲渡出来る事となります。
さらに「残業代未払い」などのリスクを回避できる事は買収側企業にとって魅力的であり、
先ほどとは逆に事業譲渡しか受入れない訪問看護ステーションもございます。

いずれも買収希望側様の「好み」となりますので、仲介の私たちからは助言はさせて頂いても
どちらを希望するか選択するかはわかりません。
もちろん売却(譲渡)希望の事業者様が、
「株式譲渡」か「事業譲渡」かがほぼ決まっている状態ではあると思いますので
それを希望として提示する事は問題ございません。

事業譲渡を検討されている訪問看護ステーション様ご安心してご相談ください。

*********************
お問合せフォーム
*********************
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
*********************
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
*********************
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
***********************