先日は神奈川県にある訪問看護ステーションの売却のご相談に伺いました。

そちらの訪問看護ステーションは看護師が設立して、約10年が経過し定年の年齢というふうにご自身で考えたようでどなたかに引き継ぎたいとお考えになっておりました。

看護師ですのでビジネス的な考えをあまりなくご自身が運営してきた訪問看護ステーションが売却できるかどうかという失敗がございました。

しかしながら訪問看護ステーションの規模としては年商1億円以上ありそれぐらいのサイズで売却案件に出ることは非常に珍しいことです。早速可能性の高い数社にご案内させていただきました。すぐに数社よりトップ面談を希望されました。数社並行して決算書・月次推移などをご案内させて頂く中で売手の希望価格は非常に低く買手同士の見積競争となりました。

こちらで想定の売却価格は提示させて頂いておりましたが、売手オーナーは謙虚な方で「そんな価格提示しても買手様がひいてしまうと思う」とのことで、売手オーナーのご意見を尊重し価格提示をしておりました。

見積競争では、早々に提示頂き想定の金額を上回っており「誠意」を感じそちらに売却意思をお伝えさせて頂き継承致しました。

お問合せについて

【お問合せ】こちらをクリック 【お電話でのお問い合わせ】MTPC酒詰(サカヅメ) 090-4724-9104