訪問看護ステーションを廃業する方法について?/訪問看護ステーションM&A

訪問看護ステーションを開設後、想像以上に多くの事に苦労されると思います。
特に訪問看護ステーションでは、看護師の採用や看護師のマネージメントに苦労されている方が多いです。
さらにはケアマネさんへの営業に苦労されている訪問看護ステーションもございます。
※つい先日もワタミ様も介護部門の売却に乗り出していると報道がありました。

こちらはワタミブランドの質に関するものと関連して、なかなか売上が上がらず苦労されたのだと思います。
訪問看護ステーションも同様に評判があり、
ケアマネさんへの営業活動や利用者さんへの対応などで地域に評判が回る事も十分にございます。

介護事業は儲からない?

また「介護業界は儲かる?」という部分もありますが、
価格設定が介護保険、医療保険と決められている分上限が設定されている為なかなか難しい部分もございます。
つまり価格は自由に設定できない分、価格戦略は出来ません。
さらに介護保険や医療保険は国が設定するものですので、
保険により経営が左右されるという事です。
その様な理由などにより廃業を考えざるを得ない場合もございます。

廃業する方法は、自治体等に廃止届を出し
解雇通告を出し利用者様を他のステーションに振り分ける(ケアマネさんに戻す)という
ざっくりとこのような事が必要です。簡単なようですが、それは非常にストレスのかかる事です。
解雇を出す事で従業員は次の仕事はどうなるんだと不安・混乱に陥ります。
看護師のように募集が多い職種でもそれはかわりません。
さらにお世話になったケアマネさんに対してもしっかりとお話をし、
ご利用者さんにも今まで継続して看護・リハを提供してくださった方々が離れるという事で
不安や不満を口にされる方もいるでしょう。
それだけなら良いかもしれませんが、本当は看護・リハも継続して受けれる事が
ご利用者さんにとってベストな事は間違いございません。

廃業よりもM&A

そのストレスを軽減させる事が出来るのがM&Aです。
M&Aというと、まだまだイメージがよくないのか
従業員を不幸にしてしまうと考えてしまうのか、まだまだ浸透されていないように感じております。
さらに中小企業の場合には、自分には関係ないとお考えになる経営者様もおります。
決してそんな事はなく、中小企業だからこそ欲している経営者様もおります。
買収側様は限られた予算がありその中で買収しますので
従業員を不幸にするのではなく、雇用先の確保という面で幸せにするのです。

利用者の方も担当看護師が変わる事なく、継続した看護が受けられます。

売却・譲渡側のメリットにはキャピタルゲインを手に入れる事が出来る可能性がございます。

訪問看護ステーションを廃業する予定でした|訪問看護ステーションM&A

廃業する前に是非、一度M&A(売却・譲渡・継承)もご検討頂ければと思います。
完全成功報酬型で行っておりますので、ご安心してご相談ください。

ーーーーーーーーーー
お問合せフォーム
ーーーーーーーーーー
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
ーーーーーーーーーー
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
ーーーーーーーーーー
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
ーーーーーーーーーー