買収(M&A)を検討する訪問看護ステーション経営者様の違い|訪問看護ステーションM&A

先日はある東京都内の訪問看護ステーションの経営者様にお会いしておりました。
買収を検討しているとのことで、ご相談を頂きました。

それぞれの戦略や背景

幾つかの実績や現在の譲渡案件のお話をする中で、こちらの経営者様はご納得いかない事があったようでした。
それはご自身の価値観とずれている案件が多数あるからです。
もちろん何かしらの事情があり、譲渡したいとお考えになるわけで
ものすごい順調であれば現在の訪問看護ステーション業界ではそうそう売り案件にはならないと考えられます。
例えば人員割れをしてしまった案件の場合でも、買手はつく傾向にございます。
「なんで買うかわからない」というお話もございました。
また他の案件については人員余剰の為、
「解雇予告手当を出して解雇したほうが人件費がスマートになる」というお話もされておりました。
確かにそうかもしれませんが、他の職員などへの影響も考慮しなければなりません。
それぞれの戦略や背景がある中での今までの「数字」となりますので、
その戦略や背景をしっかりと掴まなくてはいけません。

それぞれの価値

またM&Aでの一番大きな問題で、金額の問題がございます。
もちろん色々な算出式(バリュエーション)がございますが、
結局は「一番欲しいとお思いになった会社様が評価される」金額が売買金額となります。
そこはM&A経験者の方は売手心情を理解しており非常に上手な金額を提示されます。
譲渡案件をお持ちする中で、
0円というご判断をされる会社様もあれば2000万円と評価される会社様があるのも事実です。

まとめ

訪問看護ステーションは同業界でも地域性はもちろん、戦略をそれぞれの訪問看護ステーションにより違います。
それぞれの状況や背景を理解する事が、M&Aの成功に近いでしょう。
ーーーーーーーーーー
お問合せフォーム
ーーーーーーーーーー
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
ーーーーーーーーーー
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
ーーーーーーーーーー
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
ーーーーーーーーーー