本日は定期訪問先の医療法人(クリニック)に訪問しておりました。進捗の確認と面接希望者の書類選考、さらには競合がオープンするのでその対策と準備をしてまいりました。躍起になる事ももちろん重要ですが、冷静に分析する事も同じくらい重要です。

さて、訪問看護ステーションの閉鎖をお考えの方に
是非M&Aにて売却を検討して頂きたいと考えております。
率直過ぎてすみません。。。

訪問看護ステーションの閉鎖には幾つかの理由があります。

大きく分けて
_看護師の獲得
②利用者の獲得
といった所です。

買収希望の訪問看護ステーション様にとっては、
看護師の獲得に関しては苦戦していないステーションもございます。
また同様に利用者の獲得についても苦戦していないステーションもございます。

「売却する価値もないか」とお思いかもしれませんが、
当事務所は完全成功報酬ですので安心してご相談ください。
たっとえば有利子負債がある訪問看護ステーション様でも売却出来る可能性がございますし、
もちろん赤字でも売却出来る可能性はございます。
(こちらは一概に言えませんのでご相談ください。)

売り時については一番売上が延びていて事業が楽しい時が一番高値がつくでしょう。
さらに常勤看護師が多く利用者が多い方がもちろん価格は高くなります。
それはそれで小規模でも解体と考える法人様はいるので、是非ご相談ください。

お問合せ先について

【お問合せ】こちらをクリック   【お電話でのお問い合わせ】MTPC酒詰(サカヅメ) 090-4724-9104