訪問看護ステーションの倒産について【MTPC】

先日は定期訪問先の医療法人にお伺いしておりました。
たまたま看護師で転居する看護師がおりますが、
今後は転居先では訪問看護師にチャレンジしようとお考えのようです。
クリニック⇒訪問看護というのは全く違う環境ですので、
初めは大変かと思いますが慣れればきっと遣り甲斐に感じるお仕事です。
是非頑張ってほしいですね。

8月になりましたが私も事業を初めてもうすぐ10月で丸3年を迎えようとしております。
10月に初めて「年を越せるのかな?」と考え、
さらに翌年も同じような事を考えておりました。
恐らく中小の経営者様は皆そのようなお気持ちなのではないでしょうか。

5年継続させる事は困難だというデータがございます。
こちら
5年まであと2年か。。。。

訪問看護ステーションで売却(譲渡・承継)をお考えの方も1年半〜3年位の方が多く感じます。
多くの方が本業をお持ちであり、本業回帰というスタイルが多いのですが
倒産をする前に、株式譲渡・事業譲渡の選択肢をお考え頂ければ幸いです。
 

===
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/

看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
人財(人材)研修サービス
訪問看護M&A支援サービス

M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127

「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151

「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
===