昨日はM&Aのシステムを販売予定の方と打合せをしておりました。
元々は日本人の方が海外で事業を開始したのですが、
日中間のクロスボーダーでの案件などの相談がありM&Aのシステムを開発されたとのことです。

私自身は訪問看護ステーションに特化しており、案件もそれなりに確保が出来ております。
しかしながら今後は本来のニーズである、
クリニックさらには病院の展開も考えております。
さらにはM&A協会で知り合った方々からは小規模デイの案件も多数頂いております。

もちろん案件は多いにこした事は無いですが、訪問看護ステーションに特化しているので
・訪問看護の業界に参入したい
・サテライトを作りたい
・他に店舗を出したい
というニーズが殆どです。

今後は病院やクリニックを行った場合にディール率(成約率)を上げる為には
このようなシステムというには必要不可欠になってくると考えます。

すぐに導入するかどうかは検討段階ですが、
今後M&Aが発展する為には非常に良いツールだと考えます。

===
訪問看護M&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
TEL:090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP:http://mtpc.homepagine.com/

看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
人財(人材)研修サービス

訪問看護M&A支援サービス

M&A Onlineにてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127

「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151

===