訪問看護ステーションの廃業は突然訪れる??【MTPC】

先日はある訪問看護ステーション様の譲渡のご相談にお伺いしておりました。
譲渡理由としてましては、看護師の退職に伴う譲渡の意向でございました。

看護師の採用背景からその後の動向についてなどお聞きしていると、
知人からの紹介などで入職した看護師さんはいないものの
今回の退職は社長は「まさか退職すると思わなかった」というのがありました。

もちろん採用に関しての苦労はあったものの、
入職後は定着しており(もちろん小さな問題は多々あったものの)順調に事業も進んでいると思っておりました。

その為に訪問看護師の突然の退職は予期せぬことであり、
他のリハビリスタッフも退職させなければならず非常に残念、悔しがっておりました。
訪問看護は労働集約型であり人員基準がございます。

看護師の人員基準があるという事は、看護師にある程度依存しなければなりません。
「訪問看護事業が出来なくなるリスク」と隣り合わせの訪問看護事業はそのリスクは大きいと言えるでしょう。
しかしながら、「看護師の雇用」部分に強い事業者様であればとても魅力的な事業ともいえるでしょう。

*********************
お問合せフォーム
*********************
株式会社M&Aクラウド社掲載中
https://media.macloud.jp/archives/411
*********************
訪問看護ステーションM&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
病院、クリニック、老人ホームなどで採用にお困りの方は
ご相談くださいませ。
TEL :090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP  :http://mtpc.homepagine.com/
*********************
M&A Online(株式会社ストライク社)にてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127
「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151
「訪問看護ステーションM&Aに関わる看護師について 」
https://maonline.jp/articles/kango0174
***********************