先週も訪問看護ステーションの売却希望(相談)のお問い合わせも頂きました。

訪問看護ステーションを売却するに辺り、もちろん「売却検討中」というフェーズの方もおります。
もちろん大歓迎ですし、相談自体した方が良いと考えておりますのでありがたい限りです。
(完全成功報酬型ですので、成立するまでは一切費用はかかりませんのでご安心ください)

当事務所に売却したいと考える、訪問看護ステーションの事業者様の理由の一番は本業回帰です。
「株式譲渡」にしろ、「事業譲渡」にしろ
本業で**の事業をしていて、○○の理由で訪問看護に参入しようと考えたというものです。
○○の理由については様々で
・安定している医療、介護ビジネスに魅力を感じた
・本業とのシナジーを考えた
などです。

さらに踏み込んだ部分となりますと
・看護師のマネージメントが大変
・看護師の採用に苦戦している
・管理者が退職となり後任がいない
という事になります。

確かに保険診療ですので、業界は競争が激しくなっております。
新規参入の際には、上記の部分で苦労する事は念頭に置いた方が良さそうです。

===
訪問看護M&A支援サービス
JMAA認定M&Aアドバイザー:酒詰(サカヅメ)までご連絡くださいませ。
安心の完全成功報酬型、中小の事業者様も積極対応。
TEL:090-4724-9104
MAIL:jimu.jinnji@gmail.com
HP:http://mtpc.homepagine.com/

看護師採用支援・看護師採用コンサルティング
人財(人材)研修サービス

訪問看護M&A支援サービス

M&A Onlineにてコラム掲載中
「訪問看護ステーションと市場規模」
https://maonline.jp/articles/kango0127

「訪問看護ステーションのM&Aにおいて「売却」について」
https://maonline.jp/articles/kango0138
「訪問看護師のM&A後の雇用はどうなるのか?」
https://maonline.jp/articles/kango0151

===